鹿児島金属株式会社 阿久根工場

冷間圧造を中核技術として金属部品の製造に取り組んでおり、産業の高度化に伴い、部品ニーズもますます高精度、高品質なものが求められるようになっています。部品のニーズも高精度、高品質なものが求められるようになってきており、製造設備の新鋭化を図るとともに、特殊加工に関する開発研究を進め、ラインの合理化や効率化を求めています。

常に顧客第一主義に徹して、たゆまぬ研究で進化し続けてニーズを高めています。冷間圧造では、成形の要となる材料選定と金型の工程設計が最も重要になってきます。

形状加工を最短・最速で行うのにどのような工程が必要かなどを考慮し最適な解が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る