金属熱処理技能士検定とは

金属熱処理技能士検定に合格すると「金属熱処理技能士」として、金属の熱処理で様々な形に変形させて幅広く利用出来るようになれます。
自動車やアルミ缶を始めとした様々な金属物に対応できるため需要も高く、年々受験者も増えているようです。

金属に熱処理を加えて変形させると、自動車や機械、建築などに利用する部品として生まれ変わります。
その様な部品を作るのが金属熱処理技能士の主な仕事内容となりますので、ただ知識があるだけでなく、経験や技術力の高さが非常に大切となります。

熱処理技能検定試験は実務経験が無ければ合格するのが難しいので、テキストだけで勉強するのではなく、専門学校などに通って取得するというのも1つの手となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る