機械加工の代表的なものといえば、「切削加工」と「プレス加工」があげられます。
切削加工は金属などの素材を希望の寸法・形状に仕上げる加工方法で、機械加工の場合には金属屑が発生します。
プレス加工は金属材料の一度曲げたら戻らないという性質を利用した加工で、金属屑も発生しないため材料を無駄無く使えるという特徴から、大量生産に向いているとされています。

機械加工にはモノを付けたりする「付加加工」、逆に削って減らす「除去加工」、曲げて形状を変えたりする「変形加工」の3種類に分けられます。
付加加工は主に溶接など、除去加工は自由な形状を作る旋盤など、変形加工の代表にはプレス機が挙げられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る