切削加工とは、切削工具等を用いて金属や木材、プラスチックなどの対象物を切り削る加工方法です。
加工の中でも一般的に行なわれている加工手段となり、その種類もいくつかありますから、今回はその切削加工の種類をいくつかご紹介致します。

まずは「外丸削り」という方法があり、これは工作物の外周を円筒形に旋削する加工方法となります。
続いて端面削りは、工作物の平面を旋削する加工方法で、加工が終わると筒だった工作物に蓋がされたような形になるのが特徴です。
そしてテーパ削りでは、四角刃物台を固定しているナットを緩め、メモリに合わせて手で調整を行なってから加工が行なわれます。
工作物を円錐状に傾斜して先細りになっている「テーパ状」と呼ばれる形にする加工方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る