近年では、アクセサリーとして金属類を身につけるだけでなく、歯などの体内にも金属を使用するというケースが増えていますが、それにより気をつけなければならないのが金属アレルギーです。

例えば金属アレルギーの症状として、銀歯や金歯として金属を使用した際に、歯茎が爛れたり手のひらなどに赤い斑点が表れたりします。

どの金属でアレルギー症状が出るかは人それぞれですが、もっとも頻度の高い金属がニッケルであり、次いでコバルトや水銀、パラジウムなどがありますよ。

この中でもパラジウムは、保険で適用されていて多く使用されていますが、アレルギーに悩まされたくない場合には大学病院などでアレルギー検査を行ったり、医療などの治療で金属類を使用しないことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る