鉄の加工、鉄筋ができるまでの過程

鉄などの金属を加工することにより、身近な製品を作ることができますから、今回は鉄筋ができるまでの工程についてご紹介いたします。

鉄筋のほどんどが、空き缶などの鉄くずをリサイクルして作られているのです。

運ばれてきた鉄くずは、放射性物質など余計な物が混ざっていないかを検査して、電磁石を使って運ばれます。

溶炉にて入れられた後には1600度の高温で溶かされて、鉄は鍋に移されて水により1200度まで下げられて、ビレットと呼ばれる棒状の塊が作られるのです。

ビレットは一定の長さに切断されて、圧延機にて入れられてローラーで伸ばしていき、徐々に細い状態になっていきます。

最後には、マークなどを刻印されて、さらに一定の長さに切断されたら、鉄筋を500度まで自然冷却、水をかけて200度まで下げられて出荷されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る