金属3Dプリンターは金属を設定した形に加工することができる機器のようです。最初に発表された3Dプリンターは樹脂であったかと思いますが、それが金属で加工することが出来るようになりますと幅広い技術の発展につながるかと思います。

まずは装置内にセットするビルドプレートを組み立て、金属3Dプリンターによる造形ではこちらのビルドプレートの上に所望の造形品をつくりあげることができます。

組み立てたビルドプレートを装着したプレチャンバーにセットをし、ビルドプレートを装置の内部にロードします。造形品のオーバーハング部分等をモニターで確認しながらサポートを付与していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る