情報化社会を支える金属・銅材料

情報化社会でスマホやパソコンが多くの人に普及し利用されていますが、それらの電子機器に欠かせない物質があり、スマートフォンの中にも情報を記録するための半導体や金属が備わっていて、電気を流す材料として使われているのが「銅」です。

電気で動くIT製品には欠かせない存在であり、最新の通信用端末に相応しい非常に高い技術で作られた銅材料が求められています。

半導体の微細な配線に使われる銅材料も日本の技術は世界トップシェアを誇っており、日本の企業が非常に純度の高い銅の開発にも成功しており、圧延銅箔と呼ばれる極薄かつ頑丈な製品も世界トップシェアになっています。

今後のさらなるIT化社会の発達は、これらの銅がより活躍できるということであり、今後の情報化社会の発展に期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る