歯科医療に使われる金属の違い

歯科治療に使われる健康保険が対象の金属は、日本で一般的に考えると銀歯が思い浮かばれると思いますが、銀歯は日本で開発された独自のものになります。
その他の保険の金属については世界的にも認められている歯科用のものになると、およそ17〜22ctの物が一般的になります。

金は歯よりも柔らかいですが他の金属と合わせる事で硬さを調整して作る為、歯と同じように摩耗していきますが、銀歯などの保険の金属は摩耗しない金属になるので、噛み合わせの変化に柔軟に対応出来ずに歯に対して負担がかかってしまう事もあるのです。
しかし歯は骨に支えられているので、最終的に力は歯と金属の間に集まってしまい、場合によっては歯の根元が減っていってしまうと言うこともあり得ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る