金属火災では普通の水や消火剤を使った消火活動が行えないため、完全に消化するまで時間がかかってしまう事があります。
注水して消火しようとしてしまうと水と激しく反応するアルカリ金属やマグネシウム、アルミニウム、亜鉛等の金属が燃えていた場合、水蒸気爆発を起こす可能性があるため非常に危険です。

特に消火が難しいと言われているマグネシウム火災は、水での消火はもちろん爆発の危険があるので行なえません。
また一般的に設置されている粉末ABC消火器では、爆発こそ起こらないものの消火自体が困難なだけでなく、噴射力が強いことで燃えているマグネシウムを広げてしまい、周囲の可燃物を燃やしてしまい更なる火災の拡大に発展する可能性もあります。

消火をする為にはよく乾燥した乾燥砂などが有効ですが、大量の砂を用意しなければならずあまり現実的ではありませんので、金属火災用の消火剤を使用するのが一般的となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る