金属加工の一つ、「金型加工」はものづくりにおいて非常に重要な役割を持つ加工の一つです。

金型とはその名の通り、そのものが商品になるのではなく、商品を別の素材で制作するための金属製の型のことを指します。
例えば別の金属やプラスチック材などを流し込んで固めれば、その金型の形の製品が大量に作れるということです。
こう聞くと一見地味に聞こえてしまう金型ですが、金型の加工技術は非常に高度なものとなります。
少し口が小さければ固めた型を取り出すことが出来ませんし、本来求めていた形状と異なるものが出来てしまいます。

私達の身近なもので言えば、スマートフォンやペットボトルも金型加工技術を駆使して作られている製品です。
加工技術の短縮化はもちろん、精密な形状を保ちつつ短期間で大量に作り出すためには、この金型技術は非常に重要な技術といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る