金属の熱処理〜焼きなましとは〜

金属の熱処理には様々な種類がございます。今回はその中でも「焼きなまし」と呼ばれる熱処理方法についてご紹介いたします。

焼きなましとは、主に鋼を柔らかくするために行われます。柔らかくした鋼は切削加工しやくなり、加工の際に生じやすいムラや反りなどを防ぎます。
焼きなましが十分でないと中途半端な柔らかさとなってしまいます。しっかりと焼きなましを行うことが、鋼の切削作業には欠かせないのです。

そして焼きなましは、さらに成分を均一にするための「拡散焼きなまし」、一般的な焼きなましである「完全焼きなまし」、冷感加工や溶接で発生した熱を除去するための「応力除去焼きなまし」に分けられます。
このような焼きなましは、目的に合わせた温度で行うことが非常に重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る