アルミニウムってどんな金属?

アルミニウムが発見されたのは200年くらい前ですから、金属の中でも比較的新しい金属だと言えるのです。

アルミニウムの化合物であるミョウバンが名前の由来であり、高い熱伝導性と電気伝導性や耐食性にも優れているだけでなく、展性も高いという性質がありますよ。

現在では、身近な物から工業製品まで使われている新しい金属ですが、地球上で最も資源量が多い金属でもあり、アルミニウムの原料として使われているボーキサイトという鉱石は、現在のペースで採掘しても枯渇の心配がないほど豊富なのです。

活性が高いため非金属元素との化合物として見つかる事は多いですが、アルミニウム単体での産出は珍しいのです。

アルミニウムはリサイクル率が高く、国内で最もリサイクルされている金属だと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る