ステンレスとメッキを見分ける方法はあるのか?

ステンレスとメッキは見た目がとても似ていますが、違いがありますので見分ける方法について知っておきましょう。

ステンレスは錆びにくい金属合金の総称で明るめのシルバー色ですし、メッキは金属ではなく表面加工処理の方法であり、青みがかっているシルバー色が特徴的で、金属を錆びにくくするために錆びやすい金属の表面にメッキ被膜を付けるのです。

ステンレスは基本的に磁石にくっつきにくいですが、メッキが鉄製であれば磁石にくっつき、メッキに使われている金属の種類によっては磁石にくっつかない場合もありますよ。

どちらも錆びに強いという特性がありますが、コストはステンレスの方が高いと言われているので、コストを抑えたいならメッキを選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る