資源がたくさん?下水道から金属が回収できる?

金属といえば鉱山から採取される物というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、現代では下水道処理施設から資源が見つかっていると話題になっていますよ。

あるアメリカのニュースでは、海外の研究機関が日本の下水道処理施設の調査を行い、汚泥処理の過程で処理された灰から金や銀が見つかり、それらを売却して処理施設は収入を得ているのだそうです。

なぜ汚泥に金が含まれているのかという理由は未だ解明されていませんが、周辺に金属加工の工場があり下水に流れたか、近隣の温泉に含まれる金が下水に流れた可能性が考えられるそうです。

金属の産出が難しい日本にて、新たな下水道ビジネスとして新たな資源の活用として注目されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る