金属の製缶加工ではどんな事が行われる?

製缶加工とは缶を作る金属加工の事であり、缶詰などの容器を作るだけでなく骨組みなどを作る際にも用いられる技術なのです。

この製缶加工には高い溶接技術が必要であり、製缶加工では切断や溶接、抜き加工や曲げ加工、穴あけや研磨加工、表面処理など様々な工程が行われるため、携わる技術者によって缶詰の完成度にも違いが出る事が考えられますよ。

金属板の他に鋼管や形鋼などの素材が使われていて、製缶加工では耐久性が求められるため強度の強い金属が用いられています。

製缶加工は板金加工に似ていると言われていますが、板金加工よりも厚めの金属が採用されているという特徴もあるのです。

金属を缶詰の形に加工したいと考えている方は、製缶加工を得意としている会社に依頼すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る